美容外科とはどのような場所か

美容外科とは、美容を目的とするためのさまざまな施術を行う外科のことを指します。


施術の例としては、目を二重にしたり、形を変えたり、鼻を高くしたりといった小さめの手術から、豊胸手術や脂肪吸引など、体へ行う手術もあります。



美容外科は、形成外科とよく間違えられてしまいます。


形成外科が、骨や皮膚などの異常を治療していく場所なのに対して、美容外科は、より美しくなることを目的として体を形成していくという場所です。

よく混同されることが多いですが、これらの二つは異なっているのです。
また、美容外科の特徴として、手術が健康保険の適用外だということが挙げられます。



形成外科では、体の異常を治す治療が行われるため、健康保険が適用されますが、美容外科は生きていく上で大きな支障があるわけではないことが多いので、受診するのは個人の意思となります。ですので、費用は自己負担です。日本でも、最近は手術を受ける人が増えている傾向にあります。



自分の顔立ちにコンプレックスを持っていて、それが原因で性格まで暗くなってしまうという人も多いです。


そのような時は、実際に医院へ行って診察を受けて、医師のアドバイスを聞いてみると良いでしょう。顔にメスを入れるのが怖いという人も多いですが、メスを入れずに行うことができる手術なども存在しています。実にさまざまな治療方法があるので、あまり怖がらずに、積極的に医師の話を聞きに行ってみると良いでしょう。